大分高校生友達の○輪

修学旅行の想い出

長いようで短かった修学旅行が終わりました。初めは、不安もたくさんあったし、「嫌だな~」と

思うことばかりだったけど、段々慣れてきて、いつしか台湾に居るということを忘れかけていました。

 私は台湾に行って、日本がどれだけ自分に合っているのか、どれだけ大切なのかに気付かされました。

台湾人は、とってもいい人ばかりで、何も分からない私たちに優しく、親切に教えてくれて、私たちは無事、

修学旅行を終えることができました。

 ご飯を初めて食べた時は、驚くほど口に合わなくて泣きそうになったけど、4日目の小龍包のおいしさには、

とてもびっくりしました。一生のうち、もう台湾には行かないかもしれません。だからこそ、あんなにおいしい

ものを食べれて、台湾人の親切さも知れて、みんなでこんなに楽しい生活を送れて、とても幸せでした。日本の

大切さがすごく分かりました。さよなら台湾。やっぱり私は、日本がいちばんすき。

 修学旅行が終わり、すぐに期末テストです。気持ちを切り換えて、落ち着いてテストに臨みたいと思います。

とても楽しくて、幸せな4泊5日間でした。   

商業科2年1組  坂本 穂乃花

taiwan01.jpg

 初めての台湾は、とても良い印象を受けました。台湾に着いて思ったのは、建物がどれも高く、車だけではなく

バイクの交通量が多かったことです。でも、緑の山々も多かったです。自主研修で、外国人の姿が多く、日本のキャラクター

のグッズも多くて驚きました。台湾人には、日本語も外国語も通じて優しい人ばかりで凄いなと思いました。観光地が多く

どこも立派な建物ばかりで迫力に圧倒されていました。夕食は、最初の日はあまり食べれなかったけど、台湾に何日もいる内

においしく食べれるようになりました。

 また、台湾に行ってみたいと思いました。

商業科2年1組  藤田 莉奈

taiwan03.jpg

この修学旅行を終えてたくさんの事を学び、沢山の事を感じました。台湾という国は

初だったし、飛行機に乗ったことも初めてで、初めてだらけのことばかりで、少しとまどう

こともあったけど、色々な事を経験できたので良かったです。

 沢山のことを学んだ中で、1番印象に残っていることは台湾の人をはじめ色々な国の人と

英語で会話することができたことです。英語で人と話すのは自分にとって、とても新鮮で、いい経験

でした。でも、上手く相手に伝わらない時もあったけど、ジェスチャーなどを入れることによって、

理解してくれたこともありました。

 これから社会に出ていく中で、今回の修学旅行はとてもいいものになりました。この修学旅行は楽しかった

ので終わることなく、この経験をこれからの学校生活、そして、高校を卒業してからの自分の進路につなげて

いきたいです。

工業科2年1組  伊藤 大勇

taiwan04.jpg

  • お問い合わせ
  • 入試情報
  • オープンキャンパス
  • 奨学金について
  • 講師・職員募集
  • 公式フェイスブックページ